年賀状は、メールで済ませているという方が増えているのは確かではありますが、まだまだ残っている日本の風習の一つです。それで1年に1回の近況報告をしている方もいますし、年賀状だけの付き合いという事もあるかもしれません。それでもなくなってしまうのは哀しい物ですし、やめ時が分からないからとりあえずやり取りをしているというパターンもあるでしょう。色々な方がいますが、どちらにしても年賀状を作るのは結構しんどいと感じている方は少なくありません。

もししんどいと感じているのであれば、業者に依頼するのも一つの手段です。テンプレートを選んで、あとは住所と名前を入力すればネットでのオーダーも出来ます。印刷まですべて終わったものを自宅など指定の場所に届けてもらえるので便利です。最近では送り先の住所や名前もデータで入れて、一言を書くのであれば書けばよいですが、送ってもらいたいという事であればそのままポストに入れてもらえるというサービスを行っているところもあるぐらいです。

出来れば印刷だけでなく、一言は添えた方が望ましいです。そのため印刷をしてもらった段階で1度自分の所に届けてもらうなり引取りに行くなりして、一言を添えてポストに入れるというのがお勧めです。年賀状をもらった側も、一言があるのと無いのとでは違いますし、印象も大きく変わってくることになります。出来れば印刷をしてもらうのは業者に頼んだとしても一言は書きたいものです。

年賀状の印刷のことならこちら